ごぼう茶
  • 主な起源: 北アジア、ヨーロッパ
  • カロリー: 100gあたり62kcal
  • 一日平均摂取量: 1~2カップ
  • 保管方法: 冷蔵保管
  • 購入のヒント: ごぼうの香りが強い商品です。
  • 主な栄養成分: サポニン, カルシウム、ポリフェノール、鉄、イヌリン、食物繊維、レスベラトロール
  • よく似合う料理: にんじん、アンチョビ、豚肉

ごぼうはキク科に属し、ヨーロッパ、中国東北部、シベリアに分布し、現在では世界中で栽培されています。 古くから食用として栽培され、多くの食材に利用されています。 ごぼう茶は、芸能人が食生活で多く摂取するお茶として有名です。



アンチエイジングに絶大効果!ごぼう茶の効能と効果の紹介です。

上の動画はごぼうとごぼう茶の効能と副作用についての動画です。 ごぼう茶の効能についてもっと知りたい方は上の動画をご覧ください。


ごぼう茶の体への良い効果

脂肪とコレステロールを取り除く

ごぼう茶には脂肪やコレステロールを取り除く効果があるので、ダイエット効果があります。 オリゴ糖も豊富に含まれているので、満腹感を高めてダイエットに効果的です。

血行促進

血行促進効果のあるサトニンが豊富に含まれています。 血行がスムーズになると、手足の冷えなどの症状のある方に効果的です。

抗酸化作用

豊富に含まれるサポニンには、強力な抗酸化作用があり、皮脂の分泌を抑えます。 皮脂の過剰分泌を防ぐことで肌のキメを整え、抗酸化作用で肌の老化を防ぎ、美肌へと導きます。

免疫力の向上

サポニン、イヌリン、アルギニンなど、体に良いさまざまな成分が含まれており、これらの成分は体の免疫システムを高めるのに役立ちます。 今のように免疫力が大事な時にとると良いですね。

月経痛を和らげ、月経不順を改善します

100gあたり481mlのアルギニンが含まれているため、女性ホルモンの分泌を調節する効果があります。

心臓病の予防と糖尿病の改善

リグニンは、血液中の不要なコレステロールを下げる役割を果たします。 正常なコレステロール値を維持し、コレステロールによって引き起こされる心筋梗塞、脳卒中、心臓病の予防に効果的です。 また、血糖値を適切な値に保つため、糖尿病の改善に効果的です。


ごぼう茶の体への悪影響

冷たい自然

冷たい性質を持っていますので、冷え性の体質の方は摂取を控え、体質に合わせて調節してください。

過敏性腸症候群

下痢が多い人や血圧が低い人は、摂取すると腹痛を感じることがありますので、少量を目安に摂取してください。

早産のリスク

陣痛を促すことで子宮を開くため、陣痛誘発のリスクがあります。

利尿

ごぼうの利尿作用は正常な成人には許容されますが、睡眠障害を引き起こす可能性があるため、夜遅くに食べることは避けてください。


ごぼう茶を飲んだことはありますか?
ごぼう茶についての個人的な意見や質問は、下のコメント欄に書き込んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。